引きこもりでブサイクな童貞に拉致させて無理矢理犯された話

私は短大に通いながら、

コンビニでアルバイトしていました。

コンビニに来るお客さんで、

少し奇妙な常連さんがいました。

その人は少し太っていて銀縁のメガネを掛けていて

ニキビの跡がとても目立つ人でした。

年齢は30代位。

いつも丈の短いジーパンにTシャツをきっちりしまっているスタイルで、

他の従業員からは陰で「オタク」とか「引きこもり」とか呼ばれていました。
 
そしてその人はいつも平日の3時過ぎに来店してきて

漫画雑誌とお菓子を買っていきました。

特に変な行動をとるわけでもなく、

普通に買い物をしていくだけなので、

私は特に意識してませんでした。

只、買い物する時は必ず私のいるレジに並ぶのは少し気になりましたが・・・。

スタイル抜群な浴衣美人の挑発ヌード&セックス画像85枚

1
スタイル抜群な浴衣美人画像1枚目


18才の男の子をラブホに連れ込んで顔中を舐め回しちゃった痴女な私

出会い系サイトで知り合った、

ショウっていう18才の男の子を

ラブホに誘って連れていきました。

電話では強気だったのに、

会ってみると緊張しまくりのウブBOY

そこがまた可愛いくって抱き締めてキスしてやったの。

目を閉じて舌を絡め合って、

そのまま両手で頭を掴んで耳も鼻の穴も舐めまくって、

顔中私の唾液でベトベトにしちゃった。

それから上半身を裸にして、ベットに両手を縛りつけてやったの。

「あらあら乳首が勃っちゃってるじゃない」

って指先で摘んだりして、いたぶってやったの。

そしたら喘ぎ始めちゃって、

いやらしく乳首を舐めたり歯を立てたりしてやると、

興奮しちゃってるの。

混浴で妻が他の男に見られてるのを見て興奮!新しい自分を発見出来ましたwww

関連体験談 :夫婦温泉混浴旅行露出寝取らせ浴衣三十路

私は32歳になる妻(美奈)と5歳の子供(衣月)の父親です。

最近私達は、旅行に出かけ温泉宿に宿泊したんです。

夕方旅館に到着し、部屋で旅館案内の広告を見ていると、

混浴露天と言う文字を見つけました。

”お~この旅館に混浴があるんだなぁ!行って見ようか?”

”珍しいわね!でも恥ずかしくない”

”折角だし!タオルで隠して入るんだから・・・大丈夫でしょ”

”ん~、いっちゃん大丈夫かな!最近うるさいし・・・”

”僕もお風呂行きた~い・・・僕大人しくするよ”

”本当?うるさくすると怒られるんだよ”

”大丈夫だもん”

”じゃ、夕食前に入りに行こうか”

”そうね!ちょっと汗かいたし・・・”

そんな訳で、私達は風呂の準備を済ませ部屋を出ようとしていた時、

私の携帯が鳴ったんです。

【ハーレム体験】彼女と母親の親子丼で肉弾接待受けてきたんだが

昔付き合っていた彼女が

メンヘラというか病んでで

俺に凄い依存してくるの。

俺は彼女の存在が重くなって

酔った勢いで彼女を振ったら、

「何でもするからお願い別れたくない」

と言うんで

「母親と濃厚な3Pさせろ」

って言ったら

それが本当に成功しちゃたw

彼女18歳、母親40歳ぐらいだったな当時。

元彼女になるが、

当時は某有名エリート女子高へ通っていた。

ある日彼女のバイト先で

一目惚れして連絡先を渡したら

デートする事になって順調に交際に。

ネットがあまり 普及していなかった頃に借金の申し入れを利用して、美人人妻と何度もセックスした話

関連体験談 :人妻悪戯美人ホテル絶頂露出オナニー

まだネットがあまり普及していなかった頃の私のエロ話です。

ネットサーフィンをしていたら、

ある掲示板で

「お金貸してください」

そんな借金をお願いする書き込みに

暇つぶしにメールしてみた。

相手は20代半ばの男で、

金に困ってて10万貸して欲しいと言う。

こっちは冷やかしなので適当に話だけ聞く。

妻がいるが生活に困ってる助けて欲しい。

消費者金融からは借りれない。

消費者金融から借りれないってことは

返せないって言ってるようなもんだと

思うんだが違うのか?

そもそも返す気あるのか?

酒池肉林の大貧民大会で盛り上がるエッチな罰ゲームwwwww

関連体験談 :OL職場罰ゲーム複数お酒酒池肉林

私が大学卒業から20代中盤まで、

ある会社の製造部(つまり工場)の生産管理課でOLをしていました

製造していたのは、

牛の革を使ったオートバイ用スーツで

俗に言う「革ツナギ」でした。

牛の革は牛の種類によって違いがあって、

そこの会社では比較的

(シャレじゃないですよ)

入手しやすい乳牛(ホルスタイン種)の革を

使っていました。

牛自体が大きく取れる皮革一枚のサイズも大きく、

消費頭数も多い品種です。

牛の革は皮革会社が酪農家から消費(死んだ)した牛の革を譲り受け、

乾燥させたり鞣したり染めて

一枚の平らな革に加工します。